薬害には水素水

薬害には水素水

薬の強い副作用で体調が悪くならないか不安感を感じている人も多いと思います。

 

日本の薬害問題【サリドマイド事件、薬害エイズ事件、薬害ヤコブ病事件、陣痛剤促進剤事件、クロロキン事件など】薬の副作用に国の対応を見ても不安になります。

 

 

危ない薬だとわかれば外国では、販売中止にするようすぐ対策がとられます。
日本の場合は薬との因果関係はないとほっとかれるケースが多いのは、薬害を繰り返してきた歴史を見ればわかります。

 

 

現在も改善策が取られているか心配です。
こうなれば自分の身は自分で守るしかないようです。

 

製薬会社の資金力に群がる政治家、製薬会社に天下った元官僚、御用学者なども多いのが現状です。
あまり期待しないほうがいいかもしれません。

 

日本では製薬会社を悪くいことはタブーで、「薬は完全に良いもの」というレッテルがはられ
「薬は副作用があり、毒をもって毒を制する」という当たり前のことも覆い隠してしまうほど薬の副作用の恐ろしさを知らせることには消極的です。

 

 

一番怖いのは、世代を超えて子孫に副作用が出てくる場合です。
こうなれば子供に対しての罪悪感は一生自分を苦しめます。

 

普通の市販薬ですら説明書に安全と書かれていても、鵜呑みにするのは危険です。
100%安全・安心の薬はなく副作用の不安は付きまといます。

 

薬の副作用で年間数万人が死亡していると推定されています。

 

 

 

 

医療品を適切に使用した場合でも副作用がある場合で入院費など発生するほどの被害があった場合に国の救済措置の対象になる可能性があります。

 

>>医薬品副作用被害救済制度

 

 

薬の副作用で不安を感じている人にもこんな救済制度があることは安心ですね。

 

 

 

また薬に副作用が必ずあるといいましたが
例外的に水素水は副作用がありません。(水素が薬といえるか微妙ですが)

 

病気の発生には深く悪玉活性酸素と関わりがあり
水素は、細胞障害性の高い悪玉活性酸素だけを消し、生理学的役割をもった善玉活性酸素には反応しない効果が権威ある論文ネイテャー・メディシンnature medicineで認められています。

 

 

また水素の病気改善効果の論文が頻繁に出てきています。
動物実験から人体実験もおわり病気の治療や予防、薬の副作用の緩和など使われ始めています。

 

先端の医療現場では水素を使った医療行為にもようやく動き始めました。

 

本物水素水