水素水の好転反応について

水素水の好転反応は痛みを感じるのか

水素水の好転反応として、体にネガティブな反応が起こる心配をしたことはないでしょうか?

 

 

水素は特に体の弱っている箇所の悪玉活性酸素を除去するので、その体の部分が改善する時に元の状態よりひどくなることもありえます。

 

確かによく病気が治る前には一時的に症状が悪化するような事もあります。
しかし、かかりつけのお医者さんではないのでその人の体調や病歴など知らないはずです。
軽はずみに判断することは危険だと思います。

 

 

注意する点は、肝臓や腎臓などに障害を抱えている人は、水分を取りすぎると危険です。
無理して水素水を飲むことはやめましょう。

 

 

ただ水素水は薬ではない万能タイプのサプリのようなものです。
水素水自体で副作用は起こりませんが、ほかの原因で副作用が起こっている可能性もあります。

 

 

 

よく例としてあげられるのが、ニキビなどの場合に老廃物が毛穴から排泄されることで吹き出物ができたり、体内に溜まった毒素が排出するときに下痢になったりするケースもあるようですが判断は難しいです。

 

おしっこの回数が増えたとかは、ありきたりの事で水素水の好転反応とは言わないです。

 

 

わかりやすいケースを紹介します。
水素水を患部に直接打つ治療法もあり、そのとき痛みは初めに襲ってきます。
痛みの部分には活性酸素が多くあり熱を持ったり重たく感じる人もいるようです。

 

活性酸素と水素がくっついたときにエネルギーが生まれ痛みとしての反応があり、この段階が過ぎると痛みは嘘のように消えていくようです。

 

 

悪玉活性酸素がなく、痛みがない健康な人にはもちろん何も反応はないです。

 

 

本来の体質に戻ろうと自然治癒力が働き始めたときに好転反応が起こりやすいようですね。

 

 

本物水素水

 

 

>>>topページ