水素水と悪玉活性酸素と副作用などについて

水素水と悪玉活性酸素の基礎知識

水素水,悪玉活性酸素,副作用

最近、美容雑誌などのメディアでもよく取り上げられていますし、ドラッグストアでも見かけるようになった水素水は気になる方も多いでしょう。

 

水素水がこれだけ話題になっているのは、美容効果だけではなく、疾患の予防や改善効果なども認められているからです。

 

 

 

水素水とは、水に一定の基準とされている0.08ppm以上の水素が含まれているものです。
水素水が美容にも健康にも効果があるのは、活性酸素を取り除く働きを持っているからです。

 

活性酸素には善玉と悪玉があり、細胞を攻撃して機能を低下させたり、ダメージを与えて酸化させたりするのは悪玉活性酸素です。

 

一方、善玉活性酸素はウイルスや雑菌の侵入を防いで、細胞を守る役割を持っています。
活性酸素を取り除く抗酸化作用を持つのは、ビタミンCやビタミンEなどいろいろありますが、これらの抗酸化物質は善玉悪玉に限らず除去しようとします。

 

しかし、水素は悪玉活性酸素だけを選別し、結合して水に変換することで無害化して体外に排出するという優れた働きを持っているのです。

 

水素水,悪玉活性酸素,副作用

 

悪玉活性酸素を取り除くと、美容や健康に非常に優れた効果があります。
細胞への攻撃がなくなるのはもちろん、悪玉活性酸素が血中に取り込まれると血液がドロドロになるため、血行不良が引き起こされます。

 

 

すると、毛穴の詰まりや新陳代謝の低下が起こったり、栄養が行き渡らなくなるので内臓器官の働きも低下しますし、細胞の劣化による老化も起こります。

 

 

 

また血行不良は動脈硬化にもつながるので、生活習慣病のリスクも高まりますし、抜け毛や肥満、便秘なども引き起こします。

 

つまり、水素水で悪玉活性酸素を取り除けば、肌トラブルの改善や美肌効果が得られたり、体調不良が改善されたり、動脈硬化を予防するなど万能の効果が得られるのです。

 

 

本物水素水

水素水の副作用

副作用に関しては、便秘の解消効果によってお腹がゆるくなることがありますが、基本的に水ですから副作用はありません。
水素を過剰摂取しても、呼吸と一緒に排出されるので体内に蓄積することもありません。

水素ガスを吸うガン治療法などもあるぐらいです。

 

 

水素水は大量に飲んでも大丈夫です。【ただし肝臓や腎臓に障害を抱えている人は水分の取りすぎは要注意ですのでお医者さんに相談してください。】

 

 

病気や老化の根本原因である悪玉活性酸素を安全に副作用なく除去できるので、万能サプリメントといっても過言ではないと思います。

 

副作用なく悪い体の部位だけに作用するという効果は医学会の権威ある論文(ネイテャー・メディシンnature medicine)で認められています。

 

水素水,悪玉活性酸素,副作用

 

注目すべきは万病の元である悪玉活性酸素ヒドロキシルラジカルを排除できるのは、数ある抗酸化物質(コエンザイムQ10、ビタミンC,E、カテキン、リコピンなど)の中で水素だけが排除できます。

 

 

これは水素の副作用がない理由と関係あります。
水素は気体の小さな分子で細胞の中を隔たりなく入っていけるからです。

 

反対にビタミンなどの高分子は細胞内の関所のようなところで止められて中に入っていけません。

 

 

また水素のすごいところは、体に害をなす活性酸素だけを選択して、還元するところです。

 

 

 

ですが、製薬業界や役所の利権もあり、水素の効能が認められても急速には世の中に広まることはないでしょう。

 

しかし徐々に効果が口コミで広がり医療業界にも浸透していくはずです。
将来的には保険診療になればうれしいですね。

 

まずは信用性のある水素水で実感してみることをお薦めします。↓

 

 

 

 

日常のふとしたきっかけで未来が明るく変化するように、水素水であなたの未来が開けるのを願っています。

 

本物水素水